Holics Talk

第3回Holics Talk「インバウンド×しまなみ流サイクリングのススメ」

2018年1月10日


サイクリングの聖地として、年間36万人が訪れる「しまなみ海道」。年々外国人旅行客も増え、プロのサイクリングガイドや自転車をより楽しむための現地アクティビティへの需要が高まっています。そこで第3回のHolics Talkでは「旅とサイクリング」をキーワードに、旅人、サービス提供者、地域の「三方良し」なコンテンツづくりについて話し合いました。

◯日 時 2017年7月8日(土)13:30〜16:00
○場 所 サンライズ糸山
○ゲスト
NPOシクロツーリズムしまなみ事務局長 山本優子さん(今治市)
Shimanami1778 代表 菅未帆さん(今治市)

●ゲストトーク-01
しまなみサイクリングのルーツを知る
1人目のゲストは、2009年から今治(愛媛)を拠点に活動しているNPOシクロツーリズムしまなみの山本優子さんです。まずは、しまなみ海道がいかにしてサイクリングの聖地になったのか、草創期から携わっている山本さんに話を聞きました。そもそもの始まりは2007年頃、しまなみ海道の架橋開通を機に、今治市に合併された島々の活用と活性化が目的だったとか。しまなみ海道に自転車道があるのも、この橋が島の人たちの生活道だから。それをサイクリングの聖地にしたのは他でもない住民たちでした。山本さんは、地元の人たちと何度も話し合いを重ねながら、1年に1島ずつ、一緒にサイクリングコースをつくってきました。サイクリストのためのサービススポットとして定着している「サイクルオアシス」も、最初はお店が少ないエリアはサイクリストの休憩場所がなかろうと、地元の人たちが家の軒先を提供するかたちでスタートしたそうです。また、約80kmにわたって橋を渡りながら複数の島を走るという、世界でも稀なコースを持つしまなみ。ただ走り抜けるだけでなく、島の人や文化、暮らしに触れながら走るスローな自転車旅こそがしまなみ流なのでは?と、今後はポタリング=自転車さんぽの充実を図りたいと話してくれました。

●ゲストトーク02
海外ツーリストの実情を知る
2人目のゲストは、しまなみエリアを中心に、中華圏を中心に外国人旅行客の旅のコンシェルジュを務めるShimanami1778の菅未帆さん(愛媛)。外国人目線で、実際にどんなサポートが求められているのか。サイクリストならではの特殊なニーズなど、現場ならではのリアルな話を伺いました。例えば、サイクリストの場合、移動中に荷物は運べないので、出発地の宿から目的地の宿への荷物輸送をどう手配するか。自転車を本国から空輸した場合、空港から自転車が積める大型タクシーはあるか、自転車用のチャイルドシートが借りられるか、コインロッカーの大きさは、などなど私たちが思う以上に、求められる情報は詳細です。またこうした情報の多くは訪日前にインターネットで情報収集するケースが大半。物理的な条件だけでなく、現地でどんな旅ができるのか、しまなみの見どころは何か、見る人がイメージしやすい情報発信が集客力アップの鍵をにぎると強調します。

●ディスカッション
後半のディスカッションでは、自転車メーカー、レンタサイクルの管理者、サイクリングガイド、サイクリング同好会など、会場に来られなかった自転車関係者への事前ヒアリングの結果を紹介。また、参加者のほとんどがなんらかサイクリングに関っていることから、「瀬戸内を自転車でさらに盛り上げるために何が必要か」。それぞれの視点から、意見とアイデアを出し合いました。その中から生まれたのが、道路でつながっていない離島での「島ポタリング」をメニュー化できないかというアイデア。話すだけで終わらないのがHolics Talk。今後は、実際に現地アクティビティの造成&販売について実証実験してみたいと思っています。

●オプショナルツアー
翌日は、NPOシクロツーリズムしまなみのベテランガイド、宇都宮一成さんの案内でしまなみサイクリングを体験しました。サイクルオアシスでは、地元の人たちに、自家製の梅シロップ漬けやお菓子のお接待をいただき、身も心も癒されました。地元の人たちとの交流が楽しすぎて、予定の半分も進めませんでしたが、残りはまた今度。やっぱりスローな旅がしまなみには合いますね。

第2回Holics Talk in 大崎上島【旅から学ぶ、旅人から学ぶ」】

2018年1月10日


突然ですが、旅の魅力ってなんでしょう? かのスティーブ・ジョブスも「旅の過程にこそ価値がある」と語っていますが、旅の目的は単にその場所へ行くことではなく、その土地に触れ、新しい気づきや出会いを得ること。旅は私たちに多様な視点で物事を見る術を教えてくれます。一方、受け入れる側だって旅人からたくさんの発見をもらいます。異なる視点で地域を見直すことが、住む人の誇りや自信を育み、土地の魅力を増幅させる。「そんな旅の好循環をどうつくるか」が今回のお題です。
○日 時 2017年2月4日(土)14:00〜16:00
○場 所  大崎上島観光案内所(大崎上島町東野6625-61)
○ゲスト
山尻シェアハウスChikara 松本幸市さん(大崎上島)
Round Table Conference 赤松慎一郎さん(徳島市)
しまなみ海道のサイクリングガイド&アウトドアライター 宗近朗さん(向島)

●ゲストトーク
旅する側、受け入れる側、両方の立場から新しい観光

「旅×移住」
1人目のゲスト、松本幸市さんは大崎上島(広島)生まれ。外洋航路の船乗りとして世界の海を旅した経験を持ち、現在は、生まれ育った山尻集落で古民家シェアハウス「Chikara」を営んでいます。人口50人の集落にあって、2年間でChikaraを訪れた人は198人。そのうち16人が島に移住しました。そんな島のウチとソトをつなぐ案内人である松本さんにとって、観光は島に住みたくなる入口づくりでもあると話します。

「旅×宝探し」
2人目のゲスト、徳島生まれの赤松慎一郎さんは、街全体を使ったリアル体験ゲームを全国で展開している「タカラッシュ」の元仕掛け人。全国で行ったことのない都道府県はないという言葉通り、日夜旅をしながら、遊びづくりを通して地域活性化のコンサルティングを行っています。赤松さん曰く、地域の情報には「地元の人だからわかること」と「ヨソ者だから見つけられること」があり、その両方が生かされるのが旅づくり。旅の仕掛けをつくることは地元発見のプロセスでもあるとか。

「旅×仕事」
3人目のゲストは、向島(広島)生まれでしまなみ海道のサイクルガイドをしている宗近朗さん。10歳から青春18切符で一人旅をはじめたという旅のツワモノ。「旅と教育」が人生のテーマで、アメリカの環境教育から学んだインタープリテーションの技術が今のガイドのベースになっています。それはguide=導くのではなく、educate=引き出すこと。そんな彼が聞かせてくれたのは、「wondering scalar(放浪教師)」という14世紀にイタリアで実在した人たちの話。旅をしながら働き、技を身につけていくスペシャリストです。例えば、日本の杜氏衆もそのひとつ。共通するのは能動的な旅のあり方。与えられるのでなく、その人が自ら発見し学ぶことこそが旅の醍醐味だと言います。

3者3様の白熱したプレゼンは、旅は一度限りの出会いではなく、その先延長線は暮らし=移住にまでつながっていることを示唆してくれます。素通りされない旅をつくるには、地元とヨソ者のかけ算が必要。与えられるだけでなく、旅人自らも与える側になれるような、そんな能動的な関わりのつくり方が鍵になるかもしれません。

 

●ディスカッション
後半のディスカッションでは、さらに「教育」をキーワードに議論を深めました。会場となった大崎上島の大崎海星高等学校では、島の若者の人口流出対策として、町との連携のもと「高校魅力化プロジェクト」を進めています。授業に地元を学ぶ「大崎上島学」の導入したり、地域おこし協力隊を講師に大崎海星高等学校のための公営塾「神峰学舎」との連携など、教育×地域の先進地域でもあるのです。
今回は「高校魅力化プロジェクト」に取り組む先生や生徒の皆さんも参加してくれ、こうした話し合いの場に大人だけでなく、学生も参加できる工夫があったらいいのでは?という声もでました。




●オプショナルツアー

第2回目から、ゲストとよりディープに交流したいという声に応えて、オプショナルツアーも実施。今回は、赤松さんのミニ「宝探しゲーム」を実際に体験しました。
当日はあいにくの雨でしたが、宝の地図を片手に、普通なら見過ごしてしまう港の古い石灯篭や神社を発見。地元の老舗ラーメン店やお菓子屋さんで島の人たちとも交流したり、いつもとは違う大崎上島を巡ることができました。
今回の出会いを機に、ゲストの赤松さんとホリックスも連携し、大崎上島をはじめ、瀬戸内でも本格的な宝探しゲームの実施しようと、新たな動きが始まりました。旅と教育、今後の展開に乞うご期待です。

第1回Holics Talk in 西条「食でつながる瀬戸内」

2018年1月10日


観光を考える上で欠かせない「食」。それは瀬戸内エリアに暮らす人たちにとっても、お互いの地域の特徴や個性を知る上で、きっと魅力的な手がかりになるはず。ということで、記念すべき HolicsTalk第1回は「食」をテーマに開催。キーワードは「未利用資源」です。
●日時  2016年12月17日(土)15:30~17:30
●場所  くぐり門珈琲店(広島県東広島市西条本町17-1)
●ゲスト  小田水産 小田佳希さん(山口県周防大島)
瀬戸内焙煎珈琲倶楽部 上田健一郎さん(広島県呉市)


●ゲストトーク-01

「未利用資源をどういかす?〜持続可能な漁業の生き残り方」
1人目のゲスト、小田佳希さんは、山口県熊毛郡にある水産加工会社の6代目です。かつてはいりこの産地として賑わっていましたが、漁業関係者の高齢化等で、いりこの加工場が半減。危機感を抱いた小田さんは、特産品のハモに着目し、市場に出回らない規格外品の商品化に取り組みました。地元の2水産会社、1漁協、約30船の漁師と提携して規格外ハモを買取り、自ら販路開拓。最初は500Kgからはじめ、3年目には15tを売り切るまでに増やしました。

しかし「販売量を増やすのがゴールではない」と小田さんは言います。大事なのは自分たちの地域の持続可能な未来をどう描くか。なぜ漁業が衰退したのか、食べられるはずの魚が廃棄されなければならないのか。乱獲への反省と、関係者間の合意形成がなければ「同じ過ちを繰り返すだけ」と強調します。

そこで小田さんたちは、規格外ハモの商品化だけでなく、主要商品であるいりこの品質改良に着手。商品価値を高めて生き残る道を選択しました。プロの料理人やラーメンチェーン店などと連携し、これまでなかったいりこ出汁の評価基準を設け、現在、Sランクの日本一のいりこブランドづくりに取り組んでいます。

 

●ゲストトーク-02
瀬戸内の暮らしをコーヒーで表現〜「島ブレンド」の開発〜
2人目のゲスト、瀬戸内焙煎珈琲倶楽部の上田健一郎さん(広島県呉市)が着目したのはコーヒーです。
じつは日本は世界有数のコーヒー大国。輸入豆の種類は世界トップクラスなのだとか。ブレンドとなれば表現の可能性は無限大。地元の青年会議所で地域づくりに取り組んでいた上田さんは、「だったらコーヒーで自分の土地を表現することも可能では?」と閃いたと言います。
さっそく仲間を集めて、広島県の8島、1500人の島民にコーヒーのテイスティングを実施。島ごとの味の好みをブレンドで表し、商品化しました。
例えば、おばあちゃん率の高い島は、砂糖とミルクをたっぷり入れるので深煎りが好み。漁師の多い島は、日頃から活きのいい魚を食べているのですっきりキレのいい味が人気。コーヒーを飲めば、その島に暮らす人の顔が見える。そんなストーリーのある「島ブレンドコーヒー」は、現在、お土産品として各島のPRにも一役買っています。
何が観光資源になるかはアイデア次第。古いもの、ないがしろにされてきた価値を見直すことが大事だと上田さん。その視点で見れば、じつは人=住民だって未利用資源だったのかも?と気付かされます。

 


●ディスカッション

台湾マルシェに出店しようプロジェクト、発足?!
参加者も交えた後半のディスカッションでは、会場からもさまざまな意見やアイデアが飛び出しました。瀬戸内のこれからの観光を考えるとき、どう足元と向き合えばいいか。価値を見直して、つなぎ直し、新しいストーリー付けをする。ゲスト2人の事例は、参加者のイマジネーションをおおいに刺激しました。


会場から出たアイデアをヒントに、最後には「台湾マルシェに瀬戸内組で出店しようプロジェクト」が発足。今後は、春頃に現地リサーチツアーを敢行予定。小田さんや上田さんのように、自ら動き出すことで、未来のヒット商品が生まれるかもしれません。

【イベント報告】第4回HolicsTalk「旅×インバウンド集客/実践!地元に訪れる外国人の体験イベント集客」

2017年9月9日

実際のイベント会場となる三原市の常念寺で開催された
第4回HolicsTalkの1日目は
ゲストの公益財団法人広島観光コンベンションビューロー
蒲池さんのハイレベルな公演からスタート!


ゲストハウスのオーナーから、旅行代理店の方、さらには
政治家志望の方まで、多種多様なバックグランドを持つ方々が
大集結!!
様々な視点から今回も熱いトークが飛び交いました!

 

2日目は、イベント当日に行うプログラムを体験。

風呂敷包み体験!
サイクルのドリンクホルダーなどなど風呂敷の万能さに
参加者も改めて日本の伝統文化の魅力を感じていました。

更には写経も体験。心落ち着けて和の心に触れていました。

ゲストの蒲池さんもおっしゃってましたが、
日本の文化は静の文化。
動の文化である海外の方々には、阿吽の呼吸や虫の予感は、
まさに未経験の体験。
ぜひ文化交流のきっかけになることを切に望みます。

そのためにはまずは外国人の方々に来てもらうこと!

告知費用は10万円という誰もが可能な等身大の施策で
今回は11月に開催される本番に向けて、
外国人10人以上の集客を目指してアクションをしていきます!

第4回HolicsTalk「旅×インバウンド集客/実践!地元に訪れる外国人の体験イベント集客」

2017年8月20日

第4回HolicsTalk
「旅×インバウンド集客/実践!地元に訪れる外国人の体験イベント集客」

今回のテーマは「旅×インバウンド集客」

インバウンド=訪日外国人旅行のこと。海外からの旅行客に「自分の地域にも来て欲しい!」。でも「どうやって」「どんな情報」を届ければ、実際に来てくれるかが、みんなの悩みどころ。 

そこで今回は、11月に開催される広島県立広島大学主催の「国際イベント」の外国人参加者を対象に、同日開催の「お寺のがっこう(みはらWEフェス主催)」への集客方法を題材に、効果的なインバンド集客について実践&検証してみたいと思います。

お寺の学校

http://www.komatsugarami.com/otera3

今回の集客のターゲットとなるイベント
アジア太平洋プレイバックシアター大会2017

https://apptc2017.jimdo.com/

まず9月のホリックストークでは、訪日外国人にどこで接触し、何を伝えれば、興味を持って参加してもらえるか? インバウンド特有のPRのコツを学びます。
それを元に、翌日は「お寺のがっこう」を体験、主催者のみなさんと一緒に11月にむけた集客計画を作成します。

その後は、11月に向けていざ実践!
「お寺のがっこう」にホリックスも伴奏しつつ、PDCAをしっかり回すことで、座学ではわからない「活きる体験」にしたいと思ってます。(興味のある人は参加続行も歓迎です!)

・インバウンドビジネスに興味がある
・海外からの旅人に来て欲しい、PRしたい商品がある
・海外からの旅人と交流したい
・語学力や海外経験を生かして何かやってみたい

————————–————————–——-
◯日時 ※いずれか1日のみの参加も大歓迎!
1日目/2017年9月9日(土)13:30~17:00(13:00会場)
13:30~14:30 ゲストトーク
(公益財団法人広島観光コンベンションビューロー 蒲池清士
15:00~17:00 集客施策のワークショップ

2日目/2017年9月10日(日)10:00~16:00
10:00~12:00 お寺のがっこう体験
▶︎ 風呂敷講座(永藤:西本智加氏)
▶︎ 写経(法常寺:神原住職)
13:00~16:00 前日のWSのブラッシュアップ

◯参加費 9日のみ 1,000円(1ドリンク付)
10日のみ 1,800円(昼食付)
両日参加 2,500円

◯定 員 両日とも20名(当日参加可)

————————-————————–——–