test archive

第3回Holics Talk「インバウンド×しまなみ流サイクリングのススメ」

2018年1月10日


サイクリングの聖地として、年間36万人が訪れる「しまなみ海道」。年々外国人旅行客も増え、プロのサイクリングガイドや自転車をより楽しむための現地アクティビティへの需要が高まっています。そこで第3回のHolics Talkでは「旅とサイクリング」をキーワードに、旅人、サービス提供者、地域の「三方良し」なコンテンツづくりについて話し合いました。

◯日 時 2017年7月8日(土)13:30〜16:00
○場 所 サンライズ糸山
○ゲスト
NPOシクロツーリズムしまなみ事務局長 山本優子さん(今治市)
Shimanami1778 代表 菅未帆さん(今治市)

●ゲストトーク-01
しまなみサイクリングのルーツを知る
1人目のゲストは、2009年から今治(愛媛)を拠点に活動しているNPOシクロツーリズムしまなみの山本優子さんです。まずは、しまなみ海道がいかにしてサイクリングの聖地になったのか、草創期から携わっている山本さんに話を聞きました。そもそもの始まりは2007年頃、しまなみ海道の架橋開通を機に、今治市に合併された島々の活用と活性化が目的だったとか。しまなみ海道に自転車道があるのも、この橋が島の人たちの生活道だから。それをサイクリングの聖地にしたのは他でもない住民たちでした。山本さんは、地元の人たちと何度も話し合いを重ねながら、1年に1島ずつ、一緒にサイクリングコースをつくってきました。サイクリストのためのサービススポットとして定着している「サイクルオアシス」も、最初はお店が少ないエリアはサイクリストの休憩場所がなかろうと、地元の人たちが家の軒先を提供するかたちでスタートしたそうです。また、約80kmにわたって橋を渡りながら複数の島を走るという、世界でも稀なコースを持つしまなみ。ただ走り抜けるだけでなく、島の人や文化、暮らしに触れながら走るスローな自転車旅こそがしまなみ流なのでは?と、今後はポタリング=自転車さんぽの充実を図りたいと話してくれました。

●ゲストトーク02
海外ツーリストの実情を知る
2人目のゲストは、しまなみエリアを中心に、中華圏を中心に外国人旅行客の旅のコンシェルジュを務めるShimanami1778の菅未帆さん(愛媛)。外国人目線で、実際にどんなサポートが求められているのか。サイクリストならではの特殊なニーズなど、現場ならではのリアルな話を伺いました。例えば、サイクリストの場合、移動中に荷物は運べないので、出発地の宿から目的地の宿への荷物輸送をどう手配するか。自転車を本国から空輸した場合、空港から自転車が積める大型タクシーはあるか、自転車用のチャイルドシートが借りられるか、コインロッカーの大きさは、などなど私たちが思う以上に、求められる情報は詳細です。またこうした情報の多くは訪日前にインターネットで情報収集するケースが大半。物理的な条件だけでなく、現地でどんな旅ができるのか、しまなみの見どころは何か、見る人がイメージしやすい情報発信が集客力アップの鍵をにぎると強調します。

●ディスカッション
後半のディスカッションでは、自転車メーカー、レンタサイクルの管理者、サイクリングガイド、サイクリング同好会など、会場に来られなかった自転車関係者への事前ヒアリングの結果を紹介。また、参加者のほとんどがなんらかサイクリングに関っていることから、「瀬戸内を自転車でさらに盛り上げるために何が必要か」。それぞれの視点から、意見とアイデアを出し合いました。その中から生まれたのが、道路でつながっていない離島での「島ポタリング」をメニュー化できないかというアイデア。話すだけで終わらないのがHolics Talk。今後は、実際に現地アクティビティの造成&販売について実証実験してみたいと思っています。

●オプショナルツアー
翌日は、NPOシクロツーリズムしまなみのベテランガイド、宇都宮一成さんの案内でしまなみサイクリングを体験しました。サイクルオアシスでは、地元の人たちに、自家製の梅シロップ漬けやお菓子のお接待をいただき、身も心も癒されました。地元の人たちとの交流が楽しすぎて、予定の半分も進めませんでしたが、残りはまた今度。やっぱりスローな旅がしまなみには合いますね。

「台湾マルシェに出店しよう」プロジェクト

2018年1月10日

せとうちHolicsでは、インバウンド観光に向けた実践の場として「台湾マルシェに出店しようプロジェクト」を実施。2017年11月23〜26日に台北市で開かれたデザイン&ハンドメイドマーケット「POP UP ASIA2017」へ、瀬戸内チームとして出店してきました。

POP UP ASIA」は、アジア各地に根付くものづくりやクラフト、デザイングッズが集まるハンドメイドマーケット。2016年11月に台北市で初開催され、2017年は台北、ホーチミン、シンガポール、 クアラルンプール、バンコク、⾹港、ソウル、東京、大阪、京都など、アジア10都市100組以上のアーティストやデザイナーが参加しました。来場者数は4日間で17,000人を越え、新たなビジネス機会を創出しました。

はじまりは、2016年12月開催した第1回「Holics Talk」でした。「台湾からのお客さんが増えているのに、自分らは台湾のこと何にも知らん」。「でも旅人をもてなすにはまず相手のことを知ら んと!」。「でも観光だけで行くのは勿体ないので、現地のマルシェに出店してみない?」。そんな参加者とのやりとりから本企画が誕生しました。
その後、実際に台湾へ渡ってリサーチ&準備を重ね、今回の出店が実現。話しっぱなしで終わらない(?!)Holics Talkらしく、瀬戸内各地のプレイヤーがつながることで、最初の一歩を踏み出しました。今回のテスト出店の結果をもとに、2018年はさらに中身を充実させて、本格出店したいと思います。
【今回出店にご協力いただいた皆様】
・豆花(香川) https://www.mamehana-kasikigata.com/
・瀬戸内ラスク堂(香川) https://www.setouchirusk.jp/
・うるシックス(香川) https://www.setouchirusk.jp/conduct/about-uru6/
・ペガサスキャンドル(岡山) https://www.pegasuscandle.com/
・とびしま柑橘工房(広島) http://tobishima.hiroshima.jp/
・USHIO CHOCOLATL(広島) ushio-choco.com/
・お寺のがっこう(広島) http://www.komatsugarami.com/otera3
・Shimanami1778(愛媛) http://shimanami1778.com/japanese/
・日本折紙協会(東京) https://www.origami-noa.jp/
・PLACE168(台湾) http://168place.jp/






第1回Holics Talk in 西条「食でつながる瀬戸内」

2018年1月10日


観光を考える上で欠かせない「食」。それは瀬戸内エリアに暮らす人たちにとっても、お互いの地域の特徴や個性を知る上で、きっと魅力的な手がかりになるはず。ということで、記念すべき HolicsTalk第1回は「食」をテーマに開催。キーワードは「未利用資源」です。
●日時  2016年12月17日(土)15:30~17:30
●場所  くぐり門珈琲店(広島県東広島市西条本町17-1)
●ゲスト  小田水産 小田佳希さん(山口県周防大島)
瀬戸内焙煎珈琲倶楽部 上田健一郎さん(広島県呉市)


●ゲストトーク-01

「未利用資源をどういかす?〜持続可能な漁業の生き残り方」
1人目のゲスト、小田佳希さんは、山口県熊毛郡にある水産加工会社の6代目です。かつてはいりこの産地として賑わっていましたが、漁業関係者の高齢化等で、いりこの加工場が半減。危機感を抱いた小田さんは、特産品のハモに着目し、市場に出回らない規格外品の商品化に取り組みました。地元の2水産会社、1漁協、約30船の漁師と提携して規格外ハモを買取り、自ら販路開拓。最初は500Kgからはじめ、3年目には15tを売り切るまでに増やしました。

しかし「販売量を増やすのがゴールではない」と小田さんは言います。大事なのは自分たちの地域の持続可能な未来をどう描くか。なぜ漁業が衰退したのか、食べられるはずの魚が廃棄されなければならないのか。乱獲への反省と、関係者間の合意形成がなければ「同じ過ちを繰り返すだけ」と強調します。

そこで小田さんたちは、規格外ハモの商品化だけでなく、主要商品であるいりこの品質改良に着手。商品価値を高めて生き残る道を選択しました。プロの料理人やラーメンチェーン店などと連携し、これまでなかったいりこ出汁の評価基準を設け、現在、Sランクの日本一のいりこブランドづくりに取り組んでいます。

 

●ゲストトーク-02
瀬戸内の暮らしをコーヒーで表現〜「島ブレンド」の開発〜
2人目のゲスト、瀬戸内焙煎珈琲倶楽部の上田健一郎さん(広島県呉市)が着目したのはコーヒーです。
じつは日本は世界有数のコーヒー大国。輸入豆の種類は世界トップクラスなのだとか。ブレンドとなれば表現の可能性は無限大。地元の青年会議所で地域づくりに取り組んでいた上田さんは、「だったらコーヒーで自分の土地を表現することも可能では?」と閃いたと言います。
さっそく仲間を集めて、広島県の8島、1500人の島民にコーヒーのテイスティングを実施。島ごとの味の好みをブレンドで表し、商品化しました。
例えば、おばあちゃん率の高い島は、砂糖とミルクをたっぷり入れるので深煎りが好み。漁師の多い島は、日頃から活きのいい魚を食べているのですっきりキレのいい味が人気。コーヒーを飲めば、その島に暮らす人の顔が見える。そんなストーリーのある「島ブレンドコーヒー」は、現在、お土産品として各島のPRにも一役買っています。
何が観光資源になるかはアイデア次第。古いもの、ないがしろにされてきた価値を見直すことが大事だと上田さん。その視点で見れば、じつは人=住民だって未利用資源だったのかも?と気付かされます。

 


●ディスカッション

台湾マルシェに出店しようプロジェクト、発足?!
参加者も交えた後半のディスカッションでは、会場からもさまざまな意見やアイデアが飛び出しました。瀬戸内のこれからの観光を考えるとき、どう足元と向き合えばいいか。価値を見直して、つなぎ直し、新しいストーリー付けをする。ゲスト2人の事例は、参加者のイマジネーションをおおいに刺激しました。


会場から出たアイデアをヒントに、最後には「台湾マルシェに瀬戸内組で出店しようプロジェクト」が発足。今後は、春頃に現地リサーチツアーを敢行予定。小田さんや上田さんのように、自ら動き出すことで、未来のヒット商品が生まれるかもしれません。

【コンテンツ制作協力】イオンモールで宝探し~犬神さまのまが玉を探せ!~

2018年1月9日

みなさんあけましておめでとうございます!
さて、新年一発目の活動は
本日から月曜日までの三日間
イオンモール今治新都市とイオンモール新居浜の
二店舗で開催されている
イオンモールで宝探し!~いぬがみさまのまが玉を探せ!~
に、賞品提供でご協力させていただいてます。

 

戌年の2018年の幕開けに相応しいビジュアルと内容に、
朝から数百人もの”ちびっこトレジャーハンター”が宝箱を求めて、
イオンモールを所狭しと冒険中。

詳しくは、各イオンモールのホームページをご覧ください。
※1月9日現在は掲出終了

イオンモール今治新都市
http://imabarishintoshi-aeonmall.com/news/event/636

イオンモール新居浜
http://niihama-aeonmall.com/news/event/1127

イオンモールに訪れるファミリーの皆さんに向けて
地元せとうちで楽しめるアクティビティや
美味しい名産品などをPRする場にすべく、
今後もせとうち各地のイオンモールで開催を
予定していますので、ご興味ある方は気軽にメッセージくださいね!

【コンテンツ制作協力】城下町みはら謎解き宝探しゲーム ~三原城築城450年目の真実~

2017年7月22日

本日から三原駅周辺にて、せとうちHolicsが協力する
城下町みはら謎解き宝探しゲームがスタート!
子どもも、お父さんもお母さんもおじいちゃんもおばあちゃんも
秘宝を求めて町を探検されました!

うだるような暑さの中、
多くの方にご参加いただきました!

クリアしてはしゃぐお子さまの隣で
へとへとのお父さんの姿が印象的で
『仕事より達成感あるわw』の名言も。

ちなみに、そんなパパママに朗報。
駅前の三原市観光協会では
電動アシスト付き自転車を借りることが出来ます。
裏技です。

イベントは、8月31日まで開催してますので、
今週末家族で出かけるのはどこにしよう?
と思ったあなた。ぜひ三原にお越しいただき、
成長した子供の姿と父の威厳、ママの強さを確認できる
宝探しにご参加ください!

イベント公式サイト
http://www.komatsugarami.com/single-post/miharatakarasagashi

宝の地図は、駅構内にある
Tea Heartさんでも入手できます♪

第2回広島地域クラウド交流会~せとうちツーリズムイノベーション~レポート

2017年6月25日

こんにちは!せとうちHolicsの石飛です!6月に行われた第2回広島地域クラウド交流会をレポートします!

2017年6月24日土曜日に広島市民街づくり交流プラザにて第2回広島地域クラウド交流会を開催しました!広島市内外から130名もの方にご参加いただき、大変な盛り上がりでした!
地域クラウド交流会は地域で活躍する方を応援するイベントです。5名の方が1人3分という時間の中で事業のプレゼンをして、参加者の方が1番応援したいっ!と思った方に投票。参加費が投票権になっており商品券としてプレゼンターへ投票数に応じてお渡しするリアルクラウドファンディング形式の交流会です。

今回は2回目ということもあり、市内で他のイベントが多かった日にもかかわらず、前回参加いただいたかたや噂を聞きつけ参加してくれたかたなど大変な賑わいでした!

今回も2部構成での開催で、第一部はクラウド勉強会として、瀬戸内DMOのリチャードトービンさんによるインバウンド観光の今!をご教授いただきました。

ジョークも交えながらわかりやすくお話いただき、瀬戸内の観光の可能性を感じました。

そしておまちかね、第2部の地域クラウド交流会スタートです!

まずはアイスブレイクで「大人の本気のラジオ体操」!応援メッセージをいただいた湯崎知事もジャケットを脱いで参加していただけました!!広島県のゆるキャラ、ブンカッキーもがんばりました☆

そして体も心もほぐれたところでプレゼンターによるプレゼンタイムです!今回はこちらの5名の方!

島 友香さん(ハニープラス)
澤井 律子さん(ひろしまきもの遊び)
黒川 加奈絵さん(サムライユニット大義)
高田 優子さん(㈱Comfy)
田原 実さん(5年B組)

熱い3分間のプレゼン!時間が足りないっ!といいながらみなさんたっぷりとPRいただきました☆結果第2回の優勝者は島さんでした!

そして交流タイム突入!!

今回も広い会場のなかでそれぞれ気になる人とどんどんつながっていきました。第一回プレゼンターの小松さんがパンを持ってきてくれて、そこに今回プレゼンターのハニープラス島さんのはちみつが合わさる即席プレゼンターコラボも実現!!試食でおいしくいただきました☆

盛り上がった交流会の後は恒例のアフター交流会へ!

この後みんなでワイワイと弾けました笑

第2回も大盛況で行われた広島地域クラウド交流会!みなさまありがとうございました!!